MT4.0からMT4.01へのアップグレード

投稿日:

0.01UP

前回のアップグレードからだいぶ時間が経っていたため、すっかり手順を忘れてしまっていました。一から手順を確認して慎重に作業。こちらのエントリーを参考にさせていただきました。

こちらに、自分が迷った部分を書き足す形で書いていきます。

1、ディレクトリのバックアップ

まず、いままでのファイルをバックアップするところから。公式のマニュアルには以下のディレクトリをバックアップするように書いてあります。「...」のあとは筆者補足。わからなければ丸々バックアップをとっておけば間違いないでしょう。

  • アプリケーションディレクトリ...mt.cgiやindex.htmlが入っている一番上の階層
  • スタティックディレクトリ...「mt-static」というフォルダ
  • ブログディレクトリ...今まで書いた記事が格納されているフォルダ(たとえば「archives」など)
  • データベースディレクトリ...私の場合、MySQLを使用しているので別の手順を踏みました

参考リンク:ディレクトリの構成

他に、画像やドキュメントを入れているフォルダ(たとえば「images」など)も念のためコピーしておきました。

- スポンサードリンク -

2、データベースのバックアップ

私の場合はMySQLを使用しているため、phpMyAdminを使ってダウンロードしました。手順については以下のページに詳しく載っています。

ひとつのデータベースにWPとMT両方つっこんであるので(大丈夫なのかな?)、接頭語がmtの方のみをバックアップ。

3、ファイルの削除

アプリケーションディレクトリとスタティックディレクトリを削除。

4、MT4.01のインストール

ダウンロードしたMT4.01を解凍したものをまるまるアップロード。ここでcgiの属性を700に。(XREAの場合)

5、バックアップからmt-config.cgiをアップロード

6、テンプレートなど、カスタマイズしていたファイルをアップロード

今回の場合、テンプレートはvicuna CMSを使いますので、今までのものは消しました。

7、プラグインをアップロード

特に引き継ぎたいようなプラグインは入れていなかったため削除。あらためて使いたいものを入れることにしました。

8、ログイン

以上でひとまず終了。もう1ヶ月ほど前のことになるので記憶があやふやです。そうこうしているあいだにMT4.1の正式版が出てしまったのでまたアップグレードしなければ!次はvicunaCMSとテンプレートの適用編です。

- スポンサードリンク -