XOOPSメモ 落とし穴にはまった。

投稿日:

突発的に

サイトを公開して一年ちょっと。たいしたトラブルもなく安定して運営できていました。ですがちょこちょこ文字化けがあったりしたので、ある日発作的にバージョンアップ。ロクに確認もせず差分を放り込んだらエラー画面。

いっそのこと入れ直しちゃえーとこれまた勢いで決行。結果うまくいかずに何度かやり直すことに。

引っ越し内容

内容としては単純なもので、XOOPS本体を入れ直してxpwikiのデータを移すということだけでした。...ですがある根本的な部分を間違えたのが原因で数日間ハマることに。

再インストールが終了し、データ移行も完了するところまではなんとか完了。ですがテンプレートをいじっても反映されない。考えられる原因をすべて書き出してひとつずつ確認していきました。

考えられる原因

  • キャッシュが残っている
  • 反映に時間がかかっている
  • パーミッションが適切でない
  • 設定ファイルの記述間違い
  • 文字コードの間違い
  • ディレクトリの位置間違い
  • コードの間違い

悩み苦しむこと4日間...なんのことはない、原因は『「xoops_trust_path」が変な位置にできていたから』でした。xoops_root_pathと同列に出来ていました。もともとあるべき位置にもtrust_pathは作ってあったので全く気づいてませんでした。通りで設定が反映されないはずです。

どの時点で間違ったのか良く分からないのですが、(インストール時のウィザード?)うまくいかない時はhd_installer.cgiは使わず、ひとつひとつ確認しながらやっていた方が良いですね。

09,10,14追記:インストールする時にしっかり選ぶ欄がありました。xoops_root_pathよりひとつ上の層(CORESERVERの場合だとMaildirとかと同列)を選びましょう。

しかし遠回りしたおかげでいろいろ勉強になりました。そのことはまたいずれ。

- スポンサードリンク -

- スポンサードリンク -