ソーシャル・タイムライン活用方法 - ラインを徒競走のコースのように使う

投稿日:

@nifty Timelineを見ていて思いつきました。

徒競走のコースのように使ってみてはどうか

timeline.jpg

 ※画像はイメージです。

  1. 例えばテストの日までにこの問題集1冊やりとげようぜ!とゴールを決めて友達同士でタイムラインをいっこ作る。
  2. 設定はパブリックにして皆に見てもらうのもいいし、仲間内だけで見られるようにしても。
  3. 好きな縦軸の数字を選び、それを自分のライン(コース)とする。
  4. 一日ごとに何ページまで進んだか書き込んで行く。または一章一節などの区切りごとにどれぐらいかかったかを書き込む。
  5. 単に記録だけじゃなくその日の出来事なども一緒に書き込むと楽しいしお互い刺激になりそう。

07.03.16追記:縦軸をページ数として、登山のように上を目指すのもいいかも。左下から右上へのロードマップ風に。

- スポンサードリンク -

ソーシャルカリキュラム?

上のアイデアを発展させて、こんなのがあったら面白いかもしれません。 Amazonからテキスト(参考書)の目次を引っ張ってきてカリキュラムを自動的に組んでくれるサービス。 同じ1章1節でも内容の密度が違うので人間が見ないと難しい部分が大きいかもしれませんが、どれぐらいの期間で達成されたかの統計をとっていけば徐々に精度が上がっていくのではないでしょうか。 同じテキストを学習している人を見つけてその人のブログを参考にしたりできて便利そうです。

インターフェースに凝るなら

さらにゲーム感覚でできたら楽しいかも。 niftyがつくるならやっぱり絵はおぎわら遊戯場で!

  • RPG風
    りょうり レベル3 スポーツ レベル5など
    さらにはお互いのスキルを補い合ってパーティー結成して共同で何か作ったりとか。
  • シミュレーションゲーム風
    バランスを計算してくれたり修得レベルに応じてキャラが育ったりハレたりホレたり。
  • 徒競走のコース風
  • 水泳のコース風
  • 通知表風

- スポンサードリンク -

こちらの記事も一緒に読まれてます